海外旅行は不安!安心して楽しめるように持っていくべきもの

荷物を失くしそうならネームタグをつけよう

海外旅行に行く際、必ず飛行機に搭乗して現地に向かいます。キャリーバッグなど大きな荷物は全て飛行機が現地に着いたら空港で受け取るのですが、ここで起きやすいトラブルが荷物の紛失です。他の乗客の荷物と混ざった状態でベルトコンベアに流れてくるので、特徴的なキャリーバッグでもない限り見つけにくくなります。そんなときにあれば安心なのが、キャリーバッグにつけるネームタグです。ネームタグをつけておくことで流れて来た荷物の中から自分のものが判別しやすくなるだけでなく、もし空港で荷物が見つからなかったときにもネームタグを頼りに荷物を探してもらうことも可能です。キャリーバッグの紛失はよくあるトラブルなので、できればネームタグをつけるのをおすすめします。

病気になったときのために用意するべきもの

海外旅行で危険なことと言えば、病気を患ってしまうことです。日本では多くの人が保険に加入しているので病気になった場合も治療しやすい環境ですが、いくら日本国内だけの保険に加入していても海外では適応されません。ですから、何も用意せず海外で発病してしまうと多額な治療費が必要になってしまいます。そうならないためにも、事前に海外旅行保険に加入しておき、海外旅行保険の保険証を入手しておくのがおすすめです。もし現地で病気にかかってしまったとしても、この保険に加入していれば可能な限り安い料金で治療が受けられます。

現金が足りなくなる場合も

海外旅行に行く前にほとんどの方は日本円を旅行先の国の通貨に換金しておきますが、実際に現地に行くと色々なものを買いすぎて所持金が無くなってしまうかもしれません。それでは旅行も十分に楽しめなくなるので、できればクレジットカードを持っておくと良いでしょう。

バイザポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です